同僚に恵まれることは稀な風俗店員

普通のアルバイトだったら定休日は職場の仲間たちと集まってレジャーに言ったり、飲み会をしたりということもあるかもしれませんが、風俗店員には滅多にないことでしょう。
なぜならば働こうとする人間の数多くは根っからの女好きであったり、不良くずれであったりすることが多いので、まともな人間関係を築いていくのがひどく困難になってしまうからです。

コミュニケーションは必須

風俗店とはいっても男性スタッフ同士がそれなりに連携を取れていなければお客さんを待たすことにもなってしまうので、しっかりと仕事上はコミュニケーションを取ることが求められます。
しかしプライベートの時間までも一緒に遊んだりするような気の合う仲間を見つけることは至難の業ということになってくるので、期待していた人は早めに諦めた方がいいでしょう。
中には特定の風俗嬢の言いなりになってしまっている人もいますし、そのような男性には何を言ったとしても聞く耳を持ってくれるとは思えないので、必要最低限の接触で済ませてください。
あまりにも人間的に問題があると感じたのならば、早めに店長やマネージャーに相談することによって解決をしていくこともできるはずなので、一人で抱え込まないのも重要になりますね。

イライラすることがあっても

やはり友達のように関わっていくことができない。ということになってきたら仕事をする上でも様々な弊害が発生していくことになるので、役割分担はきちんとしておくべきでしょう。
部屋の清掃に関しても割り当てられているところは時間内に絶対に終わらせる!ということをスタッフ間でも徹底しておくことによって、お客さんを必要以上に待たせることもなくなるはずです。
その辺りだけはきちんとしておくことができなければ、何かあった時に責任の押し付け合いになってしまうことが予想されるので、絶対に遵守しておくべく事柄として意識しておきましょう。

関連する記事